“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 22:48:50 «Edit»
2006
11/03
Fri

このブログのタイトルにも使っているPlanned Happenstanceの本。最近この本の存在を知り、読んだ。

日本のプチ成功者の体験をクランボルツの「Planned Happenstance理論」を軸にしてまとめている。とてもわかりやすく具体的。日本の「Planned Happenstance」のバイブルになりそう。
偶キャリ。―「偶然」からキャリアをつくった10人
偶キャリ。―「偶然」からキャリアをつくった10人所 由紀

おすすめ平均
stars‘キャリアの呪縛’から逃れたい方にぴったりの一冊
stars「キャリア」に辟易した人へ
starsやっと出た!納得できるキャリア本
stars新しいキャリア創造の視点:偶キャリ
starsなるほど!「いま」を大切にするから、偶然を必然に変えることができるわけか…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在に至る成功体験を、後付けの「計画性」に還元するのではなく、「偶然」の出会い、成り行きをキーポイントにして描写している。その当時の感性から何かを汲み取ろうという構成になっている。「偶然」を見方につけるには、5つの特性・スキルが大切だという。「好奇心(Curiosity)」「粘り強さ(Persistence)」「柔軟性(Flexibility)」「楽観性(Optimism)」「リスクを取る(Risk Taking)」だ。まぁ、細かいことについては本を参照してほしい。

私が“Planned Happenstance”を知ったのは↓この本が初めて。流行りの“戦略”にかぶれていた私にはインパクトがあった。「偶然」への態度が違う。
「スローライフ」「スローフード」が流行っていたころの本だ。
スローキャリア
スローキャリア高橋 俊介

おすすめ平均
stars有能な人向きです
stars「キャリア」についてのもう一つの考え方
stars甘いんじゃないですか?
stars自律とみるか、自由とみるかで選択が分かれる
starsスローキャリアとは21世紀の働き方として定着するか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この中で“Planned Happenstance”とその提唱者クランボルツをこう紹介している。

 「自分の人生は自分でコントロールせよ、さもないと他人にコントロールされる」というジャック・ウェルチの言葉に代表されるように、アメリカというのは、人生やキャリアに明確な目標を持ち、それに向けて目的合理的に人生をコントロールすべきというプレッシャーが非常に強い国である。しかしながらそのアメリカでも、目標に向かって突き進むということが、変化の激しい現実にそぐわないという意見が出てきている。
 その最たる例が、1999年にアメリカのカウンセリング学会誌等に発表された、クランボルツ博士のプランド・ハップンスタンス・セオリー(Planned Happenstance Theory)という論文だ。博士はこの論文の中で、人間のキャリアの80%以上は偶然の出来事によって左右されていると主張している。つまりキャリアを計画的につくりこむことはできないということだ。


 「高度成長期」と言われ「右肩上がり」を前提とした社会も遠い過去になりつつあり、「IT革命」なんて言葉も古臭いくらい情報のやりとりも大量で高速になった変化の激しい今の世の中において、長期スパンで成功を企て且つ維持していくことは不可能だし、ばかげてさえいる。そのような「計画的な成功」を目論むより、数々の不成功と挫折を前提としそれを生かしていく「力動的なキャリア理論」をこそ望まれる。“Planned Happenstance”理論はこれに当たると思う。

まだ読んでないけど、これ↓はクランボルツ博士の本の翻訳。
その幸運は偶然ではないんです!
その幸運は偶然ではないんです!J.D.クランボルツ 花田 光世

おすすめ平均
starsそこを行くあなた、仕事や勉強について、何やら解決したいことがおありですね?
stars期待ほどではないけど、いい本です
stars優しさのオーラが伝わる名著の一冊
stars初版本の赤い帯「もうキャリアプランはいらない」は、この本の主旨と異なるのでは?!
starsその幸運は偶然ではないんです! では何故幸運になれたのか?!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前のキャリア本といえば・・・自己分析やキャリアのたな卸しを通じて、自らの志向や弱み・強みを把握する。「あるべき自分」のイメージを作る。これに基づき4、50年の長期、中期、短期の将来のプランを立てさせる・・・みたいな。なんにしろ、こういう作業は必要なのだろうがちょっとうんざりだ。

これ↓なんかはさらにうんざりさせる。「戦略系」経営コンサルティング会社の書いた本だ。
キャリア競争力―自己実現のマネジメント
キャリア競争力―自己実現のマネジメントアーサーDリトル社経営イノベーションプラクティス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「自己実現」とし、キャリア構築の指南書的な体裁をしている。「誰にでも活躍できる仕事の場は必ずある。ビジネスマンを六つのタイプに分類し、各々の個性にふさわしいキャリアの見つけ方とポジティブな生き方をアドバイス。」余計なお世話だし、おこがましい本だ。要は、資本主義世界にどっぷりの経営者、人事部の陰謀、その手引書。従業員の「上昇志向」をあおり、尻を叩いて働かせる手間をはぶくのだ。

これ↓はイギリスの今の社会人のキャリアに対する考え方が垣間見れる。国の違いもアルだろうが、近い将来の日本を予見しているようにも思える。
キャリア転機の戦略論
キャリア転機の戦略論榊原 清則

おすすめ平均
stars冷静な分析。だけど・・・
stars応援歌として
stars内容は『英国のキャリア転機事例研究と戦略のキャリアチェンジ戦略の考察』
stars将来の日本のキャリア形成の一つのモデルを示す
starsうーん。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ: 転職

ジャンル: 就職・お仕事

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。