“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:17:17 «Edit»
2006
10/01
Sun

Category:┣経過〔司法書士〕

ぐらついた受験姿勢を立て直す!! 


1.過去問がなかなか読み進まないことに苛立つ。
 ↓
2.「これは基礎力が足らないのだ」
 と目に付いた詳しい法律書を読み出す。
 ↓
3.なんだか面白くなってくる。法律がわかった、と思う。
 ↓
4.過去問に戻る。
 │
 └→1.へ

・・・という悪循環が始まりつつあった。
だめだ、だめだ。
これではいつになっても受験できないし、
それどころか挫折してしまう。

10個以上資格をとってきたけど、その経験からしても、
短期合格者の人たちの意見を聞いても、
要領よく合格する上で言えることは・・・
「過去問を重視すること」
「基本テキストを絞り込み、それを何度の繰り返すこと」
だ。

とにかくこの基本に立ち返ろう。
どんなに理解できなくて、不安になっても、
まずはこの山、初学者の最初の壁を地道に乗り越えることだ。

《初学者の心構え》
過去問を道しるべに、わからないまま、全体を通すこと。
繰り返すことで慣れ、反射的にでもいいから覚えること。
合格点狙いに必要・最小限を、徹底的/正確に身に付けること。


以上を自分に何度も言い聞かせたい。
この辺りの感覚は↓とも共有できる。
(「7カ月」と言い切るところに疑問は残るが)
司法書士7カ月合格法
4478783179柴田 幸

ダイヤモンド社 2003-04
売り上げランキング : 105800

おすすめ平均star
star作者の虚栄心が強すぎる。
starだまされた?
star励みになります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


具体的には、おそらく1年近くは以下を徹底することになるだろう。
出来るだけ、よそ見をせずに。

《最初の1年の方針》
・量の少ない基本テキストを何度も繰り返す。→「デュープロ」
・過去問を100%正答できるまで繰り返す。→「合格ゾーン」
・条文と基本的な判例を常に参照する。→「司法書士受験六法」


スポンサーサイト

テーマ: 資格取得

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。