“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 11:25:09 «Edit»
2006
08/06
Sun

Category: ┣不登法(教材)

不動産登記簿の読み方がわかる本 


不動産登記簿の読み方がわかる本―豊富な登記例で権利関係がスッキリわかる!
4761260858青山 修

かんき出版 2003-04
売り上げランキング : 399242

おすすめ平均star
star不動産登記簿の本当の意味とは

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

以下、読書メモ。

「譲渡担保」について

不動産の場合を例に説明すると、譲渡担保とは、借金などの債務の担保として担保物件の所有権をA(債務者・担保提供者)からB(債権者)に移転しておき、債務の返済があったときは所有権をAに戻し、返済ができないときは物件の所有権が債権者Bに確定的に移転するというものです。


こうすることで、債務者・担保提供者Aが当該物件を他に担保として差し出すことができなくなる。

現実の経済取引においては、実際は債務を担保するための譲渡担保であるにもかかわらず、登記原因を「売買」としてとうきすることがある。これを「売渡担保」という。登記原因を見る限り、通常の売買と区別がつかない。
通常の売買と「売渡担保」の売買を区別する方法
  1. 通常の売買の場合は、売買による所有権移転登記と同時に抵当権などのほかの登記も抹消されますが、売渡担保の売買の場合は、抵当権やその他の登記を付けたままで所有権移転登記がされているケースが多い。
  2. 通常の売買では、所有権移転登記がされると売主は当該物件に住んでいたり、工場、店舗などとして使用したりしていることは一般的にはありません。しかし、売渡担保の売買の場合は、売主が引き続き物件に住んでいたり、工場、店舗などとして使用しているケースが多いといえます。


担保として「信託登記」を利用することがある。用途は、「譲渡担保」や「売渡担保」と同じ。ただ、信託登記のほうが、登録免許税が格段に安い(信託登記:2/1000。譲渡担保・売買:10/1000)。信託業の免許が必要。
  1. 信託契約から利益を受ける受益者の氏名は、登記簿に記載されていない。登記簿謄本とともに信託原簿の写しの交付を受けると受益者がわかる。一般的には、委託者と受益者とが同一の例が多い。
  2. 融資で信託登記を利用する場合は、債務者が多重債務であることを融資者側も意識して、債権保全を考えていることが推測される。


「地上権」と「賃借権」について
  1. 地上権は賃借権と比べて権利の力がつよいので、ほとんど登記されることはない。
  2. 借地借家法の適用がある建物の所有を目的とする借地権には、賃借権と地上権とがある。現実には、地主が嫌がるので賃借権や地上権の登記がされる例は多くない。なお、借地人は借地上の登記をすれば、賃借権や地上権の登記をしなくても保護される(対抗力を持つ)。
スポンサーサイト

テーマ: 司法試験・資格試験・語学試験

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。