“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 07:41:06 «Edit»
2008
01/05
Sat

Category:資格〔司法書士〕

独学で司法書士試験に合格するのは無理か 


 私は、まだ合格していない、学習開始1年半の一受験生に過ぎないので、ご参考までに。ただ、自分のために受験態度を明確にしておきたい。
 ちなみに、司法書士ほど難しい試験ではないけど、仕事しながら10個ほどの未経験分野の資格を短期間にとった実績はあります。。。

 「合格するには当然予備校か通信教育を受けるべき」を鵜呑みにて、本当にみんながみんなそうしているのだろうか。確かに、いろいろな合格体験記を読んでいると、そのような気がしてくる。ポイントは、そういった情報がほとんど“予備校経由”ということだ。現実がどうかは定かでない。
 一歩譲って、受験者のほとんどが予備校や通信教育を受けているとしよう。だが、結局のところ合格者率は2%ちょっと なのだから、効果のほどは知れているとは言えないだろうか。
 こうは言っても、私は決して予備校の効力を否定しない。私の使用している主要なテキストはみな予備校出のものだ。試験勉強のために学者が書いた本を読むのはご法度、時間のムダとさえ思っている。私は予備校にも通っていないし、通信教育も受けていないが、予備校出版のテキストを使っているという意味では予備校を“利用している”ことになるかもしれない。恐らく答練や模試も、数度は活用させてもらうだろう。

 で、私の意見としては、「独学でも合格は可能。また、効率的な学習(長期化させないため)に予備校利用は必須」だ。
 ただし、上記理由は独学をあえて選ぶ理由にはならない。上で言いたかったのは、予備校や通信教育のみが合格へ至る道ではないこと、だ。独学を選ぶ前提として私には、「過去問を制覇すれば資格はとれる」「一人で勉強を継続する自信がある」「結局暗記が必要で、もともとそれは孤独な作業だ」「資格ごときに多大な金をかけたくない」という基本姿勢がある。
 ともかく、この信念のもと受験勉強を続いてるわけだが、当該テーゼに対する本当の答えは、数年後の私が身をもって示していることだろう。どうなることやら。
スポンサーサイト

テーマ: 司法書士

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --

 

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/grrfea/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

  by みんな の プロフィール

Comment-WRITES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。