“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 12:29:50 «Edit»
2007
12/25
Tue

Category:┣MyBGM〔Jazz系〕

オスカーズ・バラード Oscar Peterson死去 


 今朝、突然の訃報のニュースに驚き、そして涙が出そうになった。

■ジャズ・ピアニストの最高峰 オスカー・ピーターソン氏死去  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/071225/tnr0712250848002-n1.htm

 何しろ、最近彼のCDを漁っていただから。昨日の夜もこのCDが、その溢れるばかりの優しさで、私を穏やかで、包み込むような眠りに導いてくれていたばかりだった。
 2007年12月23日夜、腎臓疾患のためカナダ・オンタリオ州ミシソーガの自宅で死去。82歳だったそうだ。

オスカーズ・バラード
オスカーズ・バラードオスカー・ピーターソン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 つい最近まで、オスカー・ピーターソンには興味がなかった。余りにもベタなJAZZに思えたから。
 1週間前に手にしたこのコンピ↓の1曲目「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ(オスカー・ピーターソン・トリオ)」は、私の心に直接うったえかけた。コンセプト的に難解だったり、変拍子だったり、複雑・玄妙な和声じゃないとダサい、などという偏見から脱却して、やっと素直にJAZZを楽しめるようになってきた、そんな私に。

アット・ジャズ・カフェ・ピアノ・トリオ
アット・ジャズ・カフェ・ピアノ・トリオオムニバス ウィントン・ケリー・トリオ マッコイ・タイナー

おすすめ平均
stars駄曲、駄演なしの選択

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 彼のピアノは、ダイナミックなスタイルで知られているようだが、今のところ私は特に彼の「バラード」に魅了されている。
 最近の多くのピアニスト、例えばブラッド・メルドーなんかも、素晴らしく洗練されたバラードをプレイする。しかし、彼らとオスカー・ピーターソンのバラードが決定的に違うのは、その包み込むような“優しさ”だ。これは、良い悪いの話ではない。

 ともかく、今回の彼の死はショック! また、私としては、自分の、オスカー・ピーターソンへの急激な「のめり込み」と、彼の「死」との間に、“シンクロニシティ”を強く感じざるを得ない。
 彼の名演にもっともっと触れていきたい。それとともに、ご冥福をお祈りしたい。
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。