“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 21:19:20 «Edit»
2007
12/24
Mon

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出すパーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
ピーター・モントヤ 本田 直之 ティム・ヴァンディー

by G-Tools

 「パーソナル・ブランディング」に興味をもっている。モントヤの本を読んだが、結局メーカー企業のマーケティング戦略を個人に応用したような話ばかりで、今の私にはピンと来なかった。

クリエイター・スピリットとは何か? (ちくまプリマー新書 57)
クリエイター・スピリットとは何か? (ちくまプリマー新書 57)杉山 知之

おすすめ平均
stars中高校生向きの啓蒙書だった
stars自己啓発書好きな人にとっては、新鮮な一冊だ。
stars是非、中学生、高校生諸君に読んで欲しい!
starsとにかく読みやすい、わかりやすい
starsだれもがクリエーターになりうる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 友人に紹介された本書は得るものがあった。
 クリエイターになるための第一歩は、「自分を知る」こと。そう聞くと私はすかさず禁欲的な“内省”を思い浮かべる。しかし、著者にとって、それは「自分の『好き』を知る」ことを通して、わかってくるものだという。

 たとえば、先生からいきなり「君らしいものをつくれよ」と言われたとする。自分のことをなにも知らない人は、そのときになってはじめて、「自分らしいものってなんだ?」とドタバタすることになる。だから、「自分にはクリエイティヴィティがない」とか「才能がない」とか落胆してしまう前に、「自分らしいもの」や「自分が好きなもの」をもっと知る必要があるんだ。


 なるほど、だ。
 しかし、自分の「好き」をさらすことの恐さってあると思う。やっぱり「ダサい」と言われたら傷つくでしょ。素直さ、率直さ、勇気も必要だろう。そういうのに慣れてないひとには特に。たとえば、私もそう。。。

 どんなものでも、それを目にした瞬間に、自分が好きか嫌いかをパッと決めてしまおう。
・・・(省略)・・・
 もし、自分のまわりに「好きではないけれど、便利だから使っている」というようなものがあったら、そんなものは持っていてはいけないんだ。自分の「好き」をそこまで徹底してみよう。


 そんなふうにしたら、気持ちが解放されて、のびのびしそう! 自分が自分になる感覚、わかるきがする。最近逆のことばかりしてたな。。。まぁ「便利」なものが好きってこともあるけど。

 そう言えば、かつて私が師事していた、ある有名なアーティスト&先生が、「戦略」と称して何にでも手を出す私を見かねて、これ↓と同じ注意をしたな。

 「一つ突き抜けた人はなんでもできる」。たとえ最初に決めた道に挫折しても、なにかをとことんやったひとというのは、ほかの分野でも応用がきくものだ。一つのことも、極めればそれがすべてにつながるということは、確信をもって言える。


 当時の私には、このありがたいアドバイスが耳に入らなかった。一つに賭けることのリスクを考えると臆病になり、また、一つのことしかできないように見られることがカッコ悪く思えたのだ。先生が自分自身の成功事例とともに、あれほど親切に私に言い聞かせてくれたのに。

 本書の考えは、ビジネスにおける「パーソナル・ブランディング」にも応用がききそう。マーケティングを云々する前の前提のこととして、参考・利用したい。
スポンサーサイト

テーマ: 成功する為に必要な事

ジャンル: ビジネス

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。