“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 16:38:12 «Edit»
2007
10/07
Sun

Category:読書〔自己啓発〕

なぜあの人は壁を突破できるのか 中谷 彰宏 


 日々壁にぶち当たってます。そんな私にぴったりの本。

なぜあの人は壁を突破できるのか―達成感を楽しむ57の具体例
なぜあの人は壁を突破できるのか―達成感を楽しむ57の具体例中谷 彰宏

おすすめ平均
stars壁は破るのではなく貫くものだ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 久しぶりの中谷さん。この人は、短い言葉でズバッと核心をとらえるからスキだ。マンネリ気味のところもあるが、それは多作ゆえの必定。  ヒント満載。

 夢が見つからないのではありません。  夢を持とうと思っていないだけです。  夢という遠くの目標があれば、毎日の壁を乗り越えていけるのです。

 夢が持てない人の共通点は、まわりに夢を持っている人がいないことです。  ベンチャー企業の人たちは知り合いがたくさんいます。  夢を持っている人をナマで見ていると、夢を持つことにリアリティが持てます。

 疲れてきた時に、疲れを否定してはいけません。  「なんとなく疲れた」もいけません。  今、自分の体のどこが疲れているかを意識するのです。

 仕事における精神的な筋肉痛、いわば“精神痛”にも注意してください。

 疲れてきた時に、「疲れたからやめる」と考えるのではなくて、疲れてもやめずに続けてみましょう。  そうすると、よけいなところに入っていた力が抜けて、ラクにできる方法を体が見つけ出すことができます。

スポンサーサイト

テーマ: 勉強

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。