“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 08:19:52 «Edit»
2007
09/17
Mon

Category:読書〔自己啓発〕

コールドリーディングとは 石井 裕之を読んで 


 一気にどかっと、石井 裕之さんの本を読んでます。特に「コールドリーディング」系の本。

なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて
なぜ、占い師は信用されるのか? 「コールドリーディング」のすべて石井 裕之

おすすめ平均
stars小手先のテクニック
starsテーマの設定がうまいねえ
stars興味深い内容でした・・・
stars頭の片隅に
starsいろんな意味で楽しんでみる本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 本のタイトルにもなっている「なぜ、占い師は信用されるのか?」は、占い師(?)の江原さんや細木さんをTVで見てていつも疑問に感じていることの一つ。スピリチュアルだか、六星占術だか知らんけど、ともかく私が彼らに感心するのはその「説得力」。TVなんだから、多少なりとも(あるいは大いに)やらせはあるだろう。それを差し引いても、彼らの言葉や、相談者を巻き込む演出力は、相手に大きな心理的影響を及ぼしているのが見て取れる。私自身も「ああいうこと言って欲しい」なんて思ってしまうことがあるくらい。
 そういう彼ら占い師の技を、「コールドリーディング」という技術から解き明かしてくれる。コールドリーディングとは、心理をたくみに誘導するコミュニケーション技術に他ならない。別に、そんなに大それたものでもないし、ましてや、何かやばいものでもない。それだけに、日常生活やビジネスでも応用が利きそう。
 『一瞬で信じこませる話術コールドリーディング』は石井さんの本の中ではもっとも正面から「コールドリーディング」を取り扱っている。

一瞬で信じこませる話術コールドリーディング
一瞬で信じこませる話術コールドリーディング石井 裕之

おすすめ平均
stars本書に書かれているコミュニケーション技術は,きわめて重要だと思う。ぜひ一ご読を。
stars読み物です
stars占いは眉に唾つけて。
starsコールドリーディングの習得は難しいという感想を持ちました
stars手相を見てもらう機会がありそうな人のための本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「コールドリーディング」からちょっとずれるが、気になったものの一つに、自分の中のカリスマ「パーソナルカリスマ」を育てようと言う話がある。
 5年くらい前だったかな、「カリスマ美容師」「カリスマ経営者」とかの「カリスマ」なんとかというのが流行ってたけど、いつの間にかそういうの消えていた。
 そこで石井氏は言う。

 カリスマの時代は終わりました。
 ・・・(省略)・・・
 誰かの考えに従うのではない。その代わり、私たちの一人ひとりが、自分自身の中に明確なヴィジョンや信念を持たなくてはならない。

 二一世紀は、おそらくそういう時代です。
 一人ひとりの中にあるカリスマ。
 自らが自らのカリスマになる。

 これを私は「パーソナルカリスマ」と呼んでいます。


 この足がかりとして石井氏は4つの行動を継続することを提言する。

一週目「ゆっくり食べる」
二週目「走らない」
三週目「議論しない」
四週目「自分の気持ちを明確に伝える」


 これ、すっごく納得した。馬鹿らしいと思ったら無視すればいい。気になったら、『ビジネス・コールドリーディング』を読むといい。

相手の潜在意識から説き伏せる! ビジネス・コールドリーディング
相手の潜在意識から説き伏せる! ビジネス・コールドリーディング石井 裕之

おすすめ平均
stars胡散臭くもなく、技巧オンリーでもない
starsアウトプットを中心にしています
stars売れるようになりたくないですか?
starsビジネスマンの心理学
stars「ビジネスマン初級編」といったところでしょうか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「カリスマ」の話では、下の本がよりつっこんだ理論を展開している。
カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?
カリスマ 人を動かす12の方法―コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか?石井 裕之

おすすめ平均
stars小手先のテクニック
stars基本的なビジネス本であります
stars揺れない心が身に付く本
starsカリスマ=揺れない心
starsカリスマの魅力

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この本で気になった一つは、〈「でも」「しかし」を、「だから」「そして」に言い換える〉ということ。
 コールドリーディングでは、潜在意識へのさり気ない示唆のことを「サトルティ」と呼んでいる。このサトルティの一つとして、「でも」「しかし」を言わずに、「だから」「そして」と言う、というのがある。

 これは私にとって少しショック。同時に、止められない自分の癖として認識していたところでもある。
 もともと筆不精の私。それでもこうやってブログを書き続けていると、多少なりとも「書ける」ようになってくる。自分の文章を読み返して見えてくる思考パターンと言うものがある。それがこの「でも」「しかし」だ。
 何かを自分で主張しておいて、「でも」や「しかし」を差し入れて自分で自分の主張を打ち消す。打ち消した批判意見を展開するが、それをまた打ち消す。なんだか、愚痴っぽい、主張のハッキリしない、行ったり戻ったりする煮え切らない話の展開をする。
 また、日常生活の対話において、この「でも」を相手に頻発すると、確実にウザがられる。「理屈っぽい」とか「あなたって、いつも、ああいえば、こういう、ね」と言われ、女にもモテナイ。
 仕事上でも、尊敬できる上司は「でも」なんてめったに言わない。「じゃぁ、こうしよう」とか「こういう考え方が出来ないかな」とかいう。こっちが何かを提案しても「でも」をいう上司はどこか頼りない。

 とまあ、そんなこんなで、ここ2、3日のブログからは「でも」と「しかし」は消えているはずなんだけど、どうかな。「しかし」はちょっとつかってるかな。
スポンサーサイト

テーマ: ほんのちょっとでも前進!

ジャンル: 心と身体

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。