“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 14:40:15 «Edit»
2007
09/16
Sun

憂鬱と官能を教えた学校
憂鬱と官能を教えた学校菊地 成孔 大谷 能生

おすすめ平均
stars門外漢は。
stars絶賛
stars音楽理論を楽しく学ぶには

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この本、良すぎます。菊地 成孔さんはやはりすごい。「はじめに」でスラヴォイ・ジジェクを引用するあたりのセンスもバツグンにいい(私が大好きな哲学者!!)。
 ジャズのインプロを勉強し始めると、スケールとかコードやコード進行とかを、ただただ覚えて体を慣らしていく・・・そういうような無味乾燥な鍛錬に陥りそうになる。理論書を読むと、「へぇ、理知的で複雑なんだね」と感心させられるが、「だから何?」と反発心も起こることもある。
 ジャズ史、音楽史を音楽理論の視点でたどって整理できる。
 本書に早く出会いたかった! この本を先に読んでバークリー式の理論書を読んだら楽しくて仕方なかっただろう。もう少し時間があったらじっくり読んで、ジャズの勉強をやり直したい・・・そんな衝動を刺激させられた本でした。
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。