“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 13:39:06 «Edit»
2007
07/28
Sat

 専門学校や通信教育の勧誘、もしくは特定の専門学校の宣伝に毒されていない、その存在が奇跡的な司法書士受験のノウハウ本。
 「なりたい」シリーズ系と違って具体的。専門学校出版と違って客観的。合格体験記と違って標準的。

司法書士をめざす人の本〈’07年版〉
司法書士をめざす人の本〈’07年版〉コンデックス情報研究所 山田 猛司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「2年間で合格する方法」としてスケジュールのサンプルが乗っていた。

■最初の1年間
1◆6カ月間 民法攻略に全力
 ・最初の一カ月は民法全体を1冊で解説した本で全体像をつかむ
 ・詳細な基本書を読み込む
2◆3カ月間 不動産登記法攻略
3◆3カ月間 商法・会社法攻略
■2年間目
4◆2カ月間 商業登記法攻略(商法の復習を兼ねる)
5◆3カ月間 不登法書式 商登法書式攻略
6◆3カ月間 民事訴訟法 民事執行法 民事保全法攻略
7◆2カ月間 憲法 刑法攻略
8◆1カ月間 書士法 供託法攻略
9◆1カ月間 全科目過去問攻略

 学習の科目別の順番については、ほぼ納得できる。私もこの線だ。しかし、「過去問攻略」を最後に、しかも1ヶ月しか当てていないのがどうかな。「過去問攻略」までの2年間近くを基本書等による内容理解の学習に当てるということか。これだけで合格するには無理があると思う。過去問による試験自体の分析や、答練や模試による「問題を解く」訓練は絶対必要なはず。するとこのスケジューリングだともう1年プラスして、3年コースのペースになると思う。
 3年で合格しようと思ったら、こんなような時間配分になる、という例として受け取りたい。
スポンサーサイト

テーマ: 司法書士

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。