“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 06:19:09 «Edit»
2007
06/26
Tue

Category:資格〔司法書士〕

司法書士試験必勝 2編 ツーウェイ戦略 山本 浩司 


 受験生の心に響く言葉満載。コラムっぽく“参考”が合間合間にのせられているが、これがまた参考になる。これはその一つ。

司法書士試験必勝「力技39」―ツーウェイ戦略・技法編
司法書士試験必勝「力技39」―ツーウェイ戦略・技法編山本 浩司

おすすめ平均
stars司法書士受験生に止まらない
starsとても参考になりました。
stars前作の読者の視点では
stars司法書士試験はそんなに甘い試験ではない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 世の中には、合格まで長い年月を必要とする人がいる。短期間で受かる人もいる。その分かれ道のひとつは、1度、本試験に落ちた後の対応にある。
 基礎があいまいだったから落ちたと、状況を正確に判断すれば、短期で受かる。しかし、知らないことがあったから落ちたと誤解すると、基礎があいまいなまま、他の部門に学習対象を広げてしまう。
 知らないことがあったから落ちたのではない。基礎があいまいだから知らないことに惑わされたというのが事実だ。
 この誤解の結果、なおさら基礎があいまいになるのだ。理解能力は十分に備わっているにもかかわらず、受からない人には次の3つの理由が考えられる。
 第1は、試験に出ないことを勉強しているということ、第2に集中力がないこと、第3は、試験というものの本質への誤解があることだ。


 私は(かつて)後者の「知らないことがあったから落ちた」と考える方に属していた。今でも、何かをきっかけにして自信を失うと、努力が“闇雲”の方向に突き進もうとすることがある。例えば、難しい問題や本を手当たり次第入手してきて、中途半端に手にかける。形だけ「できる人間」なった気がする。
 反動で逆に走る場合もある。自分を、地道に努力する他の多くの受験生に対する“例外”の人間と考え、合格へのショートカットや巧い方法、自分だけのための「裏」ルートのごときものを夢想するときだ。やるべきこともやらずに受かることを本気で考える。非現実的な自分への過信、根拠のない期待で動いているのだ。
 私が何かで挫折するパターンは、主に上記の二つだ。どちらも「基礎をおろそかにする」点で一致している。これでは「合格まで長い年月を必要とする」ばかりか挫折してしまうわけだ。最近読んだ竹下氏の『司法書士 竹下流合格バイブル―資格で人生の選択肢を増やせ』の合格者の対談でも語られていたが、壁を乗り越える時の軸になるのは「原点(基本)に帰ること」だ。
 しかし、こんな指摘もある。

 司法書士試験は、日本一細かい知識の要求される試験だ。だから、基礎だけやるといっても、その勉強量たるや尋常なものではない。
 基礎を固めるということ自体は簡単だが、実際にそれをやるとなれば、大変なことだ。そもそも、なぜ、司法書士試験が日本一細かい試験かといえば、この試験は実務試験だからだ。


 じゃぁどうすればいいか。それは本書を読むことをお勧めする。体験談とともに説得力あふれる教えが書かれている。内容的には以前読んだ『「資格の天才」ヤマモトの司法書士一発合格塾』と重なるところもあった。
 「どうしたら知識は体に入るのだろうか?」の疑問にこう答えている。「10回忘れたら11回覚えよ」だそうだ。先輩のY氏の言葉だそうだ。肝に銘じよう。

 姉妹編ともいえるこれ↓は「問題集」読み物のよう。

司法書士試験必勝「問題解法37」ツーウェイ・合格レベルの研究編
司法書士試験必勝「問題解法37」ツーウェイ・合格レベルの研究編山本 浩司


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ: 司法試験・資格試験・語学試験

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。