“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 21:06:29 «Edit»
2007
04/08
Sun

Category:┣経過〔司法書士〕

やーーっと民法の過去問を終えた(一回目) 


 やっと先週、民法(上)(下)を回し終えた。「過去問に取り掛かる!!」以来だから、約7ヶ月の長旅になった。ちょっとかかり過ぎか。何とか挫折せずには済んだ・・・。

 純粋に過去問のみやっていたのではない。最初はその予定だったのだが。理解の甘い私には帰ってそれはキツ過ぎた。で、民法の各まとまりごとにデュープロを読み返したり、直前チェック問題集を入れたりしたのだ。

【学習計画と進捗表】

 

楽学

デュー
プロセス

直前
チェック

合格
ゾーン

ブリッジ

民法/総則

1

2

 

1

民法/物権

1

2

 

1

民法/債権

1

2

1

1

民法/親族

2

1

1

民法/相続

2

1

1

不動産登記法

1

1

 

 

 

 

対象外

未購入

 

未読

 

取り掛かり中

 

読了回数

1

 

 おおよそ学習スタイルが確立されてきた。
 さわりに『楽学』やって概要を軽く理解。『デュープロ』で学習ターゲットを知る。『直前チェック』で問題形式でターゲットに入り込み、すかさず過去問の『合格ゾーン』に突入。もう一回くらい『デュープロ』を読んで頭を整理したら、後は『直前チェック』と『合格ゾーン』の繰り返し。ひたすら理解&記憶。・・・これである程度のレベルまで持っていく。そうしたら、『ブリッジ』で書式に取り掛かる。その後、上記の民法・不登法以外を同様にこなす。
 この辺りまでこなしてからだな、答練とか模試は。

 以前「過去問での勉強の仕方」で立てた【学習ルール】も、ちょっと改変しつつ忠実に守ってる。
  • テーマごと(体系別)に基本テキストを読み返す。一問一答で頭を整理する。
     →予習として。
  • 参照している条文と判例は必ず六法で確認する。
     →判断を条文で根拠づける癖をつける。条文構成上の位置を確認する。
  • その意味を説明できない言葉は法律用語辞典で調べる。
     →物事を法律用語で考えられるようにする。
  • 過去問、基本テキスト、直前チェック、六法、用語辞典で完結させ、基本的にそれ以上深入りしない。
     →拡散させずに集中して確実に。
 ともかく、道のりはまだまだ長い。それでも今年は模試のつもりで本試験は受けておこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ: 司法試験・資格試験・語学試験

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。