“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 13:26:42 «Edit»
2007
03/21
Wed

Category:┃┣古楽

17世紀のチェロ音楽 アンナー・ビルスマ 


チェロの中低音も耳を疲れさせない。
ベートーベン式の“がっちり和声”が発達する前の音楽は
いわゆる“落ち”のない浮遊する感覚に浸らせてくれる。

アンナー・ビルスマの、
流麗でなくどこか優しい荒々しさを響かせるチェロは
柔らかで血の通った人間味を感じさせる。
このCD、朝目覚めた直後に聴くと特にいい感じ。

17世紀のチェロ音楽
17世紀のチェロ音楽ビルスマ(アンナー) アスペレン(ボブ・ファン) シャイフェス(リデウィ)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ: 楽器

ジャンル: 音楽

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。