“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 14:55:03 «Edit»
2007
02/11
Sun

Category:読書〔人文科学〕

水戸学と明治維新 


 最近「水戸学」に興味がある。

・・・水戸学を代表するのは東湖の思想である。・・・なによりもこのことを象徴的に示しているのが、水戸の偕楽園の隣にある、徳川光圀と斉昭を祭る常盤神社の境内にある東湖神社である。祭神は藤田彪尊、東湖である。ここにほかの水戸学者を祭った神社はない。このことは、本来水戸学者のなかで、もっとも高く評価されていたのは東湖であったことを、なによりも雄弁に物語っているのである。


 今年の初詣は常盤神社だった。東湖神社もチラっとのぞいたと思う。
 まずは水戸学の歴史的意義や影響度を知りたいと思って本書を手にした。

水戸学と明治維新
水戸学と明治維新吉田 俊純

おすすめ平均
stars我々は水戸学を知らない
stars思想が力を持つこと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 良くも悪くも「昭和のファシズム期には、水戸学は異常なほどに顕彰された」と言う。「戦争中、水戸学は狂信的に称賛された。それはおよそ理性的とか、学問的とかいえるものではなかった。このために戦後、水戸学は嫌悪された」といういきさつが今日にいたるまではあったようだ。
 本書は主に、水戸学が明治維新の思想的推進力であったことを論じている。
スポンサーサイト

テーマ: 歴史

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。