“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 21:41:56 «Edit»
2006
06/11
Sun

Category: ┣不登法(教材)

楽学司法書士 民法―総則・物権・債権、不動産登記法 


私は法律に関してほぼ完全な初学者。
めちゃくちゃわかるよ!法律」を読んだくらい。
あとFPの相続のあたりの勉強がちょっと関係あるかなってところ。

司法書士チャレンジ(もしくはその検討)のスタート地点。
「挫折」マネージメントの観点から、まずは知識より「関心」を深めなきゃならない。
手始めにメインの分野と言われる「民法」と「不動産登記法」を買ってきた。
楽学司法書士 民法―総則・物権・債権
楽学司法書士 民法―総則・物権・債権山本 有司

住宅新報社 2004-02
売り上げランキング : 187920


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

楽学司法書士 不動産登記法
楽学司法書士 不動産登記法富田 太郎

住宅新報社 2005-05
売り上げランキング : 107631

おすすめ平均 star
star内容よくて、値段が安い!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

次の点でとてもいいと思う。
  • 簡単なイラストが入っている。
    →息抜きになる。読みやすい印象になる。
  • 実例に絡めてある。日常の生活との関わりがわかる。
    →興味を持てる。
  • 条文そのままが載っていること。且つ、よみ仮名がふってある。
    →法律言葉に徐々になれることができる。

逆に他の入門書は、上記の点がほぼすべて欠けていた。
「なんだこりゃ、つまんない」で終わりそうなのばかりだった。
とりあえずこの2冊で様子を見よう。
スポンサーサイト

テーマ: 司法試験・資格試験・語学試験

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。