“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 14:46:52 «Edit»
2007
02/04
Sun

Category:┗読書〔歯〕

患者が書いた歯医者の本―歯科医療の裏側教えます 


 歯科被害者の戦いの記録。大変参考になる。
 歯科医療制度自体に歪みがあるのだから、歯医者にかかる上で、常にこうした被害に会う危険性があるということだろう。

患者が書いた歯医者の本―歯科医療の裏側教えます
患者が書いた歯医者の本―歯科医療の裏側教えます宮坂 朝子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 著者のように裁判沙汰になったら大変。そこまで行かないようにするためにはどうすればいいのか。やはり、歯の治療についてできるだけ知識を持ち、疑問に思ったら医師に聞く、主張することが大事なようだ。何か失敗を感づいたら、早急に手を打つことだ。その他は『歯医者さん直伝!よい歯医者選びの新・常識』とも共通する部分がある。
 でも患者という、体をいじられる弱い立場で、医師に真正面に意見する、そこがなかなか難しい。この話で、しきりと思い起こされることがある。

 カルト教団にはまり込む心理を説明とき、こんなことがよく言われる。より多額の献金を積んだ人ほど、その損失が大きくはた目に明らかであろうと、その宗教から離れられがたいという。心の底ではどこか「おかしい」という気持ちがあっても、離脱するということは、その宗教を否定することとは別に、それまで費やしたお金や自分を否定する意味合いを含むからだ。自分の失敗や過ちを認められない気持ちが、自分をだました宗教と自分の行動を正当化していくのだ
 また、デイトレやればよく経験することで「損切り」の難しさがある。サンク・コスト(事業に投下した資金のうち、事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用)がデカイと、「無駄遣いではなかった」と自分に思い込ませるため何かでムリに補おうとする、そんな投資家の不合理な心理を行動ファイナンスも指摘している。

 「ここまでやってしまったんだから。もういいや。」みたいな、失敗を正当化する考えにはまらないこと。医療制度上の問題もあるから、自分で気づいて問題に立ち向かわなくてはならない。気弱になってはだめだ。
スポンサーサイト

テーマ: 歯の事

ジャンル: ヘルス・ダイエット

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。