“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 17:57:06 «Edit»
2007
01/28
Sun

Category:読書〔人文科学〕

「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用 


 最近読んだ本(『成功はどこからやってくるのか? 「成功法則」の取扱説明書』)で引用されていたので読んでみた。久しぶりの哲学系。
 本書の目標は「この分野(ポストモダニズム)では数学や物理学の概念や用語の濫用がくりかえされているというあまり知られていない事実に、より多くの人の目を向けることである。さらに、ポストモダンの著作にしばしば見られる、自然科学の内容または自然科学の哲学に関連したある種の思考の混乱についても議論する」とのこと。
 至極まっとうな話だと思う。私の好きな(好きだった)ドゥルーズも槍玉に上がっている。でもドゥルーズの場合、確信犯(故意犯)なのだと思う。ドゥルーズに限らず、大体のポストモダニストと呼ばれる人たちはそんなもんでしょ。まぁ、それが鼻につくとも言えるが。

「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用
「知」の欺瞞―ポストモダン思想における科学の濫用アラン・ソーカル ジャン・ブリクモン

おすすめ平均
stars心理学徒にも有用
starsこの本の内容ではなく、この本の存在が面白い。
stars哲学を理解でいない物の”負”のバイブル
starsソーカルの限界と哲学の限界
stars読み進むにつれて心が躍る本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ドゥルーズはこんなこと言ってたな。

・・・テキストを読むということは、決していくつかのシニフィエを求めて博学を競う訓練でもなければ、また一つのシニフィイアンを求めてひたすらテキストに従う訓練でもない。そうではなくて、文学機械の生産的使用であり、欲望する諸機械の組立工程である。つまり、テキストからその革命的な能力を引きだし、分裂気質を養う訓練なのである。(『アンチ・オイディプス』市倉 宏祐 ジル ドゥルーズ フェリックス ガタリ4309240828より 133p.)


 これに対し著者は真面目にこう糾弾する。

3 科学は「テクスト」ではない。 自然科学というのは、人間科学ですぐに使うことのできるメタファーを集めた倉庫ではない。科学者でない人たちは、科学の理論から、「不確定性」、「不連続性」、「カオス」、「非線形性」といった少数の言葉で要約でき、純粋に言葉だけを使って分析できるいくつかの一般的な「テーマ」を引き出してくる誘惑に駆られるかもしれない。しかし、科学の理論は小説とは違うのだ。科学の文脈では、これらの言葉は特別な意味をもっている。科学における言葉の意味は、同じ言葉の日常的な意味とは微妙に、しかし本質的に異なっており、複雑に絡み合った理論や実験を知ってはじめて理解することができる。こういった言葉をメタファーとしてだけ用いると、容易に無意味な結論を下すことになってしまう。


 相対性理論以降の「日常的な世界観を覆す」系の自然科学の成果には、しばしば哲学的な含意を考えずにはいられないものがある。自説の論を補強したり、科学的装いをまとうために、これをメタファーやアナロジーを通して使う誘惑には抗い難い。でも、別にいいじゃない?と思うんだけど。そんなのポストモダンの人たちに限らないし。。。
 なぜポストモダンを攻撃するのかについては、著者はいろいろな弁明を用意している。要は、ポストモダンにはさまざまな害悪があるからだそうだ。

 アメリカではポストモダニズムと政治的左派の一部の結びつきがはっきりしていたという。チョムスキーを引用した次の批判も面白い。

チョムスキーによれば、それほど遠くない過去には、

左派の知識人は生き生きとした労働者階級の文化に積極的に参加していた。文化的制度の階級的性格を軽減させるために、労働者の教育のプログラムに参加した者もいたし、一般読者のために数学や科学や他のテーマについてのベストセラーを書いたものもいた。驚くべきことに、今日の左派の知識人たちは、このような解放の道具を労働者たちから奪い取ろうとしている。そして、「啓蒙のプロジェクト」は死に絶えたのであり、われわれは科学と合理性という「幻想」を捨てなくてはならないと説く。これこそ、科学や合理性という武器を自らのためだけに専有することを望む権力を喜ばせる台詞である。


 これ読むと青木雄二を思い浮かべる。彼もポストモダニズムに対して何か言っていないのかな。同じようなこと言いそう。
 彼もまさしく「文化的制度の階級的性格」に対抗していた「左派の知識人」だし、「解放の道具を労働者」に提供するいわば「啓蒙のプロジェクト」を漫画や一般書籍の執筆を通して推進していたのだから。

■ポストモダン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学

ジャンル: 学問・文化・芸術

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。