“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 23:14:11 «Edit»
2007
01/21
Sun

Category:読書〔自己啓発〕

成功はどこからやってくるのか? 「成功法則」の取扱説明書 


 近頃興味を持った岡本吏郎の成功本。彼らしい内容だ。

成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~岡本 吏郎

フォレスト出版 2004-11-20
売り上げランキング : 92864

おすすめ平均 star
star素晴らしい本
star名著
starこの著者は、一部の人しか知らないほんとのことを書いてしまう。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「二念をつがない」という言葉が印象に残った。

 「二念をつがない」
 禅の言葉です。
 どういうことかと言うと、目の前で起きたことをそのままとらえるという手法です。目の前で起こったことに解釈を加えないのです。
 “ただ、あるがまま”にとらえるわけです。
 たとえば、おいしそうな食べ物を見つけたとします。
 これを「おいしそうな食べ物」と思うのは一念。これを、「食べたい」と思ったら二念です。この二念を起こさずに、「ただ、ある」ことを思います。
 つまり、「良い・悪い」などの判断を加えず、現実を「そのまま」見るようにするのです。しかし、これが理屈どおりにはできません。


 要は、私たちがこの「二念をつがない」領域で何をできるか、じゃないかと思う。「“偶然を待つ力”が人生を変える!」「偶然のマネジメント」を言い、“偶然”や“無意識”のようなものを強調するあたりは、Planned happenstanceの考えに共通する部分も多い。(Planned happenstanceとは
スポンサーサイト

テーマ: モノの見方、考え方。

ジャンル: 心と身体

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。