“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 20:18:29 «Edit»
2006
11/25
Sat

Category:┣読書〔仕事術/勉強法〕

静かなリーダーシップ ~ 現実的なリーダー論 


数年前にこの本を読んだが、いま一つしっくりこなかった。
読み返してみて、自分が結構このリーダー観に影響を受けていたことに気づいた。

静かなリーダーシップ
静かなリーダーシップジョセフ・L. バダラッコ Joseph L.,Jr. Badaracco 夏里 尚子

おすすめ平均
stars東洋的発想で書かれた本
stars大学院で受けた講義
starsミドル層向けのリ−ダ−像
starsジレンマに対する大人の対応方法
stars感動的な事例、具体的な方法論、粗雑な翻訳・監修

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「静かなリーダー」とは、自分の立場・利益は守りつつも、現実の問題から目をそらすことなく、慎重に問題を解決する人のこと。
 リーダー論のほとんどは「ヒーロー型リーダー」をモデルにしてる。あるいは少なくとも、私はそういう華やかなものばかりに目が行っていた。TVを見てても「ヒーロー型リーダー」を讃えるものが多いし、やはりかっこいい。
 しかし、自己犠牲の、もしくは即決で何でもスマートに解決していくこの“ヒーロー”にあこがれて真似ようとしたこともあるが、なかなか上手く行かない。それどころか、ヒーローぶりを実現するために仕事を成すような本末転倒の考えは、健全な仕事成就を大いに歪ませる。
 身の回りにもリーダーの理想像を求めて探したが、いない。近い人はいても、目立ちたがりの迷惑屋だった。着実に且つ長期的にリーダーとして成果を収めている人は、一般に本に書かれているようなリーダー行動とは逆のことをやっていることが多いのに戸惑った。
 私にとって、本書は現実的で“正しい”リーダー観に矯正してくれたありがたい本。「自制」「謙遜」「粘り強さ」が大事とのこと。どれも私には欠けている! 「厄介な日常問題」に対処するミドルのリーダーに適している。視点も会社側ではなく、リーダーとして行動を起こす個人になっているのが参考になっていよい。下記章立てのポイント別で、ケーススタディのアプローチがわかりやすい。

第1章 現実を直視する
第2章 行動はさまざまな動機に基づく
第3章 時間を稼ぐ
第4章 賢く影響力を活用する
第5章 具体的に考える
第6章 規則を曲げる
第7章 少しずつ徐々に行動範囲を広げる
第8章 妥協策を考える
第9章 三つの静かな特徴

スポンサーサイト

テーマ: スキルアップ

ジャンル: 就職・お仕事

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。