“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 15:46:26 «Edit»
2006
11/19
Sun

Category:┣読書〔社会情勢〕

アメリカ型資本主義を嫌悪するヨーロッパ 


アメリカ型資本主義を嫌悪するヨーロッパアメリカ型資本主義を嫌悪するヨーロッパ
福島 清彦

亜紀書房 2006-02
売り上げランキング : 9062

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

始めのほうのこの一文で納得し、本書を読もうと思った:

 日本の政治家は、アメリカ流に流され、方向を間違っている。かつて橋本首相は「例外なき規制緩和」を謳い、小泉首相は「改革なくして成長なし」と言い続けている。今後五〇年で一億人も人口が増えるアメリカが成長を求めるのは当然だが、同期間に三千万人減る日本が、成長を目標にするのはおかしい。


 「アメリカ型vsヨーロッパ型」の対比は今流行りの論調なのだろう。この手の類型化した物言い、単純化には胡散臭さがつきものだ。これも最後のほうの一文が解消してくれた:

西洋近代の良くない部分へ先祖返りを始めたアメリカには、模倣追従しない方が良い。ヨーロッパと決定的に分裂してしまったアメリカ文明の特異性を理解したうえで、アメリカと仲良くつき合うべきである。市場原理を暴走させ、壁にぶち当たってはやり直し、上手く行かなくなったらまた新しいことをやってみればよいというのがアメリカ精神であり、アメリカの歴史である。


 こういう現実的で、一歩引いた言い方は好きだ。両タイプの長所・短所をコンパクトにまとめて説明している。
スポンサーサイト

テーマ: それでいいのか日本国民

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。