“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

このページの記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 11:04:03 «Edit»
2006
11/11
Sat

Category:読書〔社会科学〕

日本経済新聞は信用できるか 


投資だとか投機だとかやるなら、
やっぱり日経新聞を読むことは重要だと思う。記事と現実とにズレがあったとしても、だ。
なぜなら、日経新聞を判断材料に使っている投資家が沢山いるはずだから。そのことで結果的にマーケットは動く。

日経などのマスメディアに触れる上で、
次の二つの能力を強化したいと思っている。。
●記事内容の裏を読み解き、実際とのズレを修正する。
●その記事が読者をどう行動させるかを想像する。


本書は、前者に関し参考になる。
日本経済新聞は信用できるか
日本経済新聞は信用できるか東谷 暁

おすすめ平均
stars次は読者と他紙の問題かも知れません
stars相変わらず丁寧な仕事だ
stars日経新聞の検証・批判本
stars日本経済新聞が何を報じ、論じてきたかを克明に分析している
stars自己検証に期待

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 外圧は日本に利益をもたらすと信じ込ませろ、「ITは短期間に生産性を上げる」の虚妄、グローバルスタンダードのインチキ、「日本は遅れている」論など、さまざまな具体例を挙げて“アメリカ追従の枠組み”で語られるさまを次々暴く。最近までの中国経済への熱狂ぶりについての話もあった。
 最後に日経新聞の「正しい」読み方を提案する。事実であるようにみえる「観測記事」も特徴だという。単なる日経新聞叩きでなく、その批判的活用を目指しているものと思われる点でいい感じ。
スポンサーサイト

テーマ: それでいいのか日本国民

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。