“読書”と“資格取得(今は司法書士)”と“音楽鑑賞”のメモ

 

Planned Happenstance 〈偶然〉=〈必然〉

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

検索

カテゴリー

最近の記事

ブロとも申請フォーム

カレンダー(月別)

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

リンク

Copy right

読書〔社会科学〕の記事一覧

全ての記事を表示する

Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 16:04:24 «Edit»
2007
09/01
Sat

Category:読書〔社会科学〕

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人  香山 リカ 


 最初に言っておくが、私は江原さんが嫌いではない。『オーラの泉』も、楽しく見ている。というか、数年前深夜の番組で、素人女性相手にやっていたころの方がスキだったりする。
 霊能者ではなく、「スピリチュアル・カウンセラー」と名乗るあたりも、途方もないセンスの良さを感じし、オカルト的楽しみを抜きにしてもカウンセリング技術的に感心することが多い。単純に「あー、確かにこんなこと言われたら相談者は癒されるだろうな」と思う。
 そんなこんなで香山 リカ氏の“スピリチュアル”に関する本書の分析は興味深いものだった。話は江原さん中心だったが、もちろん、これに限定されていない。
本書で印象に残ったところ、考えたこと、頭を巡ったことを書きたい。

スピリチュアルと成功哲学のビジネス書の共通点

 “成功”第一のイケイケ自己啓発書は、得てして「ポジティブ・シンキング」を重視する。「物事、自分の考え方一つでどうとでもなる」「前向きに困難を乗り越えろ」と叱咤する。今の状況はあなたの選択と行動の結果であるのであって、だからこそあなたの意志で変えられる、という。
 「生まれたのは私の意志」「この家庭、この親のこどもとして生まれたのはあなたの意志」なのだといったら、こうした意志主義の極北にあると言ってもいいかもしれない。スピリチュアルの江原が、「あなたは前世で○○に失敗した。この世では修行するために今のあなたの親を選んだのです。」みたいなことを言っているのをTVで見たとき、自己啓発の「ポジティブ・シンキング」と同じ匂いを感じたのは偶然ではなかったようだ。

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)香山 リカ


おすすめ平均 star
starプラセボ効果
starやや独善的な議論が多いのでは?
star本当のスピリチュアルとは?
starまま、面白いんじゃないかな・・・と言いたいところだけど。
star「転生の秘密」も読んでもらいたいです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スピリチュアルとアダルト・チルドレンの対比

 本書で特に興味深かったのは、「生まれたのは私の意志」というスピリチュアル特有の徹底的に能動的な説明に対比させて、“アダルト・チルドレン”を引き合いに出しているところだ。
 日本におけるアダルト・チルドレン研究の第一人者として知られる信田さよ子氏は、アダルト・チルドレン(AC)を「現在の生きづらさが親との関係に起因すると認めたひと」と定義する。「自分に責任はない、親のせいだ」という自覚は、次のステップである「自分の背負うべき責任」に目覚めるためのひとつの通過点だと言う。
 スピリチュアルの出生の見方は、裏を返して親の視点からとらえると、「選ばれた親であるあなた、全部子供が選んだのだからあなたは悩むことはないというメッセージ」ともいえる。ACとの対比で言えば、「子のイノセンス」ではなく「親のイノセンス」を強調している。いわば「“アダルト・チルドレンの逆バージョン”」になる。

問題を脱社会化する「自己責任」

 私も最近江原との共通点を感じていた飯田史彦氏だが、彼はこんなことを言っているそうだ。

仮説 人生で直面するすべての事象には意味や価値があり、すべての体験は予定通りに順調な学びの過程なのである。

解説 このような仮説を人生を前向きに生きるための道具として活用すれば、すべての責任を自分に求めることによって、かえって「誰のせいでもないのだ」「自分はほかの人から被害を受けているわけではないのだ」「すべてのことは、自分のために起きている、順調な出来事なのだ」という、安堵感・納得感を得ることができます。
 このように考えれば、私たちの人生から、挫折や不運や失敗という言葉が、すべて消えてしまいます。(『生きがいの創造』)


 こんな心配が出てきても不思議ではない。

 「あの人のせいでひどい目にあった」と自分を棚に上げてすぐに他罰的に親や職場の上司を責める人もいなくなるかわりに、権力にとっては、何があっても異議申し立てをしない御しやすい人になってしまうのではないだろうか、と心配したくもなる。


 周囲の人間関係や会社のシステム、その先の社会や政治が悪いのではない。すべて、私が悪いのだ。私さえ変われば、この苦しみから解放されて癒されるはず。女性たちのそんな姿を見て、信田氏はこう思う。

 彼女たちの抱える問題や悩みはこのように個人化・心理化され、最後は「自己責任」へと回収されていくのである。


 ACの治療を通じて、「被害を与えた家族などの“加害者”の責任追及」を経て、「近代家族の歴史性や権力構造の認識という脱近代を目指す外向きの方向性」を目指してきた信田氏にとって、働く女性たちがいま、「私さえ癒されれば。もうちょっと自信が持てれば」と限りなく非歴史的で内向きな方向性しか持ち得ていない、という現実はかなりの衝撃だったようだ。


 自罰的に考えて一生懸命仕事に精を出してくれる従業員がいたら、そりゃ“使える”奴ってことになるわな。以前読んだ信田氏の『依存症』でもその点を別の視点から描いていた。

 巷で言われるように依存症の人たちは決して意思が弱い人たちなのではなくて、とことんまで意思の力を発揮し自分と戦った人たちなのである。それは繰り返しになるが資本主義社会が我々日本人に要請したことの忠実な実践なのであった。


依存症 (文春新書)
依存症 (文春新書)信田 さよ子


おすすめ平均 star
star現代の依存症
starしっかりした本で驚きました
star依存症はなにか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 以上から、二つの対比が頭の中を巡っている。
●「自罰的」「問題の個人化・心理化」「自己責任」「積極思考」→しばしば権力者に好都合な存在になる
●「他罰的」「歴史や権力の厳然たる存在の認識」「口先だけの啓蒙主義」「消極的思考」→しばしば権力者に不都合な存在になる
 両者のバランスが問題なのだと思う。
スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアル

ジャンル: 心と身体

tb: --     com: --
Posted on 10:47:22 «Edit»
2007
08/05
Sun

Category:読書〔社会科学〕

日本という国 (よりみちパン!セ) 小熊 英二 


 ここ百年ちょっとの日本の歴史を振り返って、現代日本の成り立ちを説明している。分かりやすく、興味深い。政治に疎い私には、これくらいの子供向けのものでちょうどいい。

日本という国 (よりみちパン!セ)
日本という国 (よりみちパン!セ)小熊 英二


おすすめ平均 star
star侵略=悪か?
star文化祭のテーマにお勧め
starギリギリのところでクオリティ維持
star外交や安全保障のニュースを理解するための基礎知識
star子供向にうまく仕掛けられた罪悪感の罠を知る功著

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 紹介されている福沢諭吉の言葉がスルドイのに驚いた。「支那を滅ぼして欧州平らなり」の時論を解説して小熊氏がこうまとめている。

 一般国民を無教育の状態にして、支配者だけが知恵をもち、国を治めるというのが「東洋聖人の教法」。…(省略)…だけどこの方法は、世の中が発達せず、交通やコミュニケーション技術が不便だった時代にしか通用しない。
 そういう「東洋聖人の教法」にかわる国の治め方が、「西洋文明の主義」。これは一般国民にも教育をほどこして、知恵と体力をつけさせ、立身出世の欲望を刺激して、自分の欲望を自分で追及させようというものだ。…(省略)…
 しかし福沢は、この「西洋文明の主義」の問題点も指摘している。それは、欲望の発達に、精神の発達が追いつかないことだ。…(省略)…
 教育によって精神をうまく発達させることができれば、自分の欲望と社会的地位は必ずしも一致しないこと…(省略)…がわかるはずだ。…(省略)…そうなると、世の中にたいして、人びとの不平不満がつのってくることになる。


 なんとあからさまな。民衆をアホな状態にして楽に支配したいけど、時代が変わってそうも行かない。じゃあ、民衆に知力体力をつけさせて、民衆自身の力で国力を高めばいい、と。でも、それには問題がでてくる。「貧にして智恵ある者」の発生だ。さらに福沢諭吉の「貧富智愚の説」時論に続く。小熊氏の現代語訳より。

 もっとも恐ろしい存在は、貧しくて智恵のある者である。・・・・世の中のすべてのしくみを不公平なものだとみなし、しきりにこれにむかって攻撃を試み、私有財産制度をやめろとか、土地を民衆の共有にしろとかいう。そのほか賃金の値上げ、労働時間の短縮など、みんなこういった連中のしわざである。・・・・智恵があるために、自分の境遇を苦痛として感じる能力があり、満足することができない。その不平がつもって、ついには破裂して社会主義政党となって出てきたものだ。貧しい者に教育を与えることは、利益もあるが害もあるということを、考えなければならない。


 右翼と左翼の根本的な対立軸が見えてきそう。また、「左」的動きが活発になるのが怖いのはアメリカも同じ。時代が飛んでこんな指摘がある。

 アメリカ本国の世論には天皇を処刑しろという意見がおおかったのに、占領軍の高司令官だったマッカーサーが天皇を残したのは、日本の統治に有利だったからだともいわれている。天皇を処刑すれば、日本の右翼や保守勢力はアメリカに反発して、統治がたいへんになるだろう。しかし天皇を残してアメリカの占領政策に協力させれば、日本の右翼や保守勢力も、アメリカに協力するはずだと考えられた。
 じっさいにマッカーサーは一九四六年一月に、のちにアメリカの大統領になったアイゼンハワー陸軍参謀総長にむかって、こう述べている。もし天皇を排除すれば、日本で「ゲリラ戦が各地で起こり共産主義の組織的活動が生まれる。これには一〇〇万人の軍隊と数十万人の行政官と戦時補給体制が必要である」と。また一九四八年のアメリカのニュース報道は、天皇の存在は「マッカーサー元帥にとって二十個師団にも匹敵する」と述べていた。


 当時のアメリカにとって、日本の右翼より、「共産主義の組織的活動」の方がウザかったわけだ。しかし、それだけに左派の存在はアメリカに対して「つかいで」もあったのだ。

 吉田首相が、アメリカの軍備増強要求を値切るときにつかった口実は、二つあった。一つは、国内の平和運動や野党の反対が強いこと。もう一つは、憲法第九条の存在だった。
 アメリカ側にすれば、日本の軍事力を強くして利用はしたいけど、それを無理強いして日本の保守政権がたおれ、社会党政権になったりしたら元も子もない。吉田はそこを計算して、社会党左派の政治家に、再軍備反対運動を起こしてくれと内密に頼んだこともあったという。それを口実に、アメリカの要求を値切ろうとしたわけだ。


 なかなか面白い話だ。吉田首相はなかなかの戦略家だ。でも本当?!
 ついでにここで憲法第九条の話が出てきていたから引いておく。

 もう一つの憲法第九条については、吉田はこう述べたといわれれる。

 再軍備などというものは当面とうていできもせず、また現在国民はやる気もない。・・・・当分アメリカに(日本の防衛を)やらせておけ。憲法で軍備を禁じているのは誠に天与の幸いで、アメリカから文句が出れば憲法がちゃんとした理由になる。その憲法を改正しようと考える政治家は馬鹿野郎だ。


 こういうわけだから、アメリカ側にとって、憲法第九条はじゃまな存在だった。


 へぇ、憲法第九条って大事だね。

テーマ: これでいいのか日本

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 23:27:56 «Edit»
2007
07/08
Sun

Category:読書〔社会科学〕

マンガからはいる法学入門 


 『ナニワ金融道』が出てたんで、そこの部分だけ読んだ。えらく感心していた。法律の講義でも教材として使いたい、とまで言っていた。なんだかうれしい。民法の問題として取り上げられていた。
 本書で紹介されていた『どんぐりの家』も興味をもった。入手して読んでいるところ。障害児の話。社会保障関係の法律との絡みで取り上げられていた。
 紹介されているマンガ自体、面白いもの、面白そうなものばかり。企画自体いいし・・・ナイス・チョイス、ナイス・センス!!

マンガからはいる法学入門
マンガからはいる法学入門矢野 達雄


おすすめ平均 star
star著者の視点を全面的に支持する。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ: 法律全般

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 23:43:36 «Edit»
2007
01/21
Sun

Category:読書〔社会科学〕

絶望から出発しよう 


最近読む本に、しばしば宮台 真司の引用があった。
で、本書を読んでみた。タイトルが興味をそそった。

絶望から出発しよう
絶望から出発しよう宮台 真司

おすすめ平均
stars座学中心で社会観を養った典型的なカンチガイ君の劣悪な愚痴集。
stars最近の宮台氏を知るための良書
starsノーオルターナティブ
stars右翼なのか?政治なのか?
stars初めて読む方に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 私としては非常に微妙な本。「カンチガイ君」っぽいところもあるし、ポストモダン風のインチキ臭さも感じる。逆に、現在の日常問題の理解しがたい部分を、一生懸命言葉にしようとしている誠実さも感じれる。
 もう一冊くらい、最新の著書を読んでみるといいのかも。

テーマ: うつ病(鬱病)、メンタルヘルス

ジャンル: 心と身体

tb: --     com: --
Posted on 13:30:16 «Edit»

橘 玲さん、相変わらずわかり易いです。そして説得力がある。
この本ではあくまで訳者だけど、解説文も書いている。
これが良い!!
不道徳教育
不道徳教育ブロック.W 橘 玲

おすすめ平均
starsカチンコチンに凝り固まった差別的な脳を少しでも柔軟に楽しく開放させるために
stars驚きの内容!!!
starsファイナンスの本ではなかったので・・・
starsネタにマジレスですな
stars一般的な日本人の価値観を打ち破る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
本書は、1976年に出版された“Defending The Undefendable(擁護できないものを擁護する)”の翻訳。著者のウォルター・ブロック教授はアメリカを代表するリバタリアンの一人。訳者の橘さんがリバタリアニズムの説明をしている。

こんな表が載っている。
「功利主義」と「原理主義」、「小さな政府」と「大きな政府」の対立軸にリバタリアニズムその他の主義を位置づけている。

古典的自由主義
(レッセ・フェール)
ケインズ派
(市場介入主義)
功利主義
リバタリアン
(自由原理主義者)
リベラリスト
(人権原理主義)
原理主義
小さな政府
(無政府主義)
大きな政府
(福祉国家)

わかりやすい!! 図式化することによる単純化の弊害は免れないだろうが、このマトリクスを頭においておくと、論争に見る、感覚的に受け入れがたい政治的な主張や、相手を攻撃するための強引なラベリング行為も整理がつけやすい。
私自身の政治的立場はこれで言うと「古典的自由主義(レッセ・フェール)」に近いかな。でも多少の市場介入は重要とも考える。なんにしろ功利主義が基本。原理主義的なアプローチには抵抗がある。

レッセフェール(仏:laissez-faire)とは、フランス語で「なすに任せよ」の意。経済学で頻繁に用いられておりその場合は特に、政府が企業や個人の経済活動に干渉せず市場のはたらきに任せることを指す。(レッセフェール - Wikipedia

リバタリアニズムと保守主義との対立軸もあるようだ。リベラリズムを加えてこんな対比をさせている
リバタリズムというのは、ようするに次のような政治思想だ。
人は自由に生きるのがすばらしい。

これに対して、リバタリアニズムは若干の修正を加える。
人は自由に生きるのがすばらしい。しかし平等も大事である。

「自由主義」に対抗する思想として保守主義が挙げられるが、それとても「自由」の価値を否定するわけではない。彼らは言う。
人は自由に生きるのがすばらしい。しかし伝統も大事である。
ちょっと簡単すぎるか。でもまちがっていないだろう。根本を説明していると思う。

一番ハっとした部分。橘さんによるポストモダニズムの話。ちょっと長いが引用したい。
 はじめてリバタリアンの思想に触れたとき、正直、「なんて古くさいんだろう」と思った。一見して明らかなように、リバタリアニズムは(リベラリズムと同様に)近代的な主体、すなわち自由な個人に基礎をおいているが、それは一九八〇年代に隆盛を迎えたポストモダニズムの思想によって徹底的に批判されていたからだ。
 私はいまでも、「私」が社会的関係性の結節点にすぎず、「人間」は歴史的な創造物であると考えているのだが、その一方で、私たちの社会が幻想によって支えられていることも理解するようになった。紙幣は実体としてはただの紙切れにすぎないが、その一片の紙切れに、券面に印刷された数字と同じ価値が内在しているという共同幻想に依存しなければ、私たちが一日として生きていけないように。
 近代的な主体性の虚構性を抉り出すポストモダニズムの根源的な批判は魅力的だが、社会の変化にはなんの役にも立たず、いつしか無意味な言葉遊びに堕していった。それに対してフランス革命とアメリカ独立宣言を出自に持つ古色蒼然たるリバタリアニズムは、二〇〇年のときを経てもなお「改革」のヴィジョンを示すことができる。超近代(ポストモダン)はいつまで待っても訪れず、私たちはいまだに近代の枠組みのなかで生きており、それを「超えて」いくことはできないのだ。(本書「はじめてのリバタリアニズム」より)
 ワォ!! すっごい共感!! 私の今の、経済や歴史や法律や政治に対する興味は、同様の経緯と意味合いにおいてある。学生時代、私もまさしく“ポストモダニズム”の洗礼を受けた。「いつしか無意味な言葉遊びに堕していった」様子もそれへの苛立ちも懐かしい。でもやはり、その考え方は私の発想に染み付いている。「“私”が社会的関係性の結節点にすぎず」という言い方もしっくりくるな。
 いわゆる社会人としてまっとうに生きていくにはポストモダン的な無責任(?)や“おふざけ”は許されない、と知ることになったのは実際に社会人になってから。私自身も結局は近代的な“私”であり、そういう自覚が求められたわけだ。今となっては、思想史的には前時代的な経済学やら何やらを勉強する羽目に陥っている。何事も基本が大事っていうことか。。。

ハイエク(経済学者・思想家)も本書を「劇薬」「ショック療法」として薦めている。本書の話は、この近代社会で生きていくうえでの一つの極端な考え方と言えよう。完全には受け入れられなくとも、あえて「不道徳」といわれる領域に踏み込みこれを擁護する論に触れる経験は、日常生活でカチンコチンになった頭を柔らかくしてくれそう。

リバタリアニズム - Wikipedia

リバタリアニズム(英:libertarianism)とは、絶対的自由を主張する政治思想である。経済や社会に対する国家や政府の介入を否定し、自由放任(レッセフェール)を主張する。

基本的にリバタリアニズムが追求する自由とは、他からの制約や束縛がないことという意味での消極的自由を指している。自由権のような政府が与える積極的自由と、リバタリアニズムにおける消極的な自由とは対照的で相反する概念である。よってリベラリズム・アナキズムとは対立する。(...続く)

ノーラン・チャート - Wikipedia
2d_political_spectrum.png

ノーラン・チャートとは、アメリカのリバタリアンであるデービッド・ノーランによって広められた政治思想の概念図である。ノーランはリバタリアニズムを経済的自由と個人的自由の両方を支持するものとして定義し、彼によれば、個人的自由のみを擁護する左翼-リベラルと、経済的自由のみを擁護する右翼-保守とを対比させることにより図式化した。 ノーラン・チャートには、右翼と左翼という伝統的な政治分類とは異なり、経済的自由を表すX軸と個人的自由を表すY軸とがある。ノーランは左下の領域に位置する政治哲学をポピュリズムと呼んだが、多くの人々は代わりに権威主義あるいは全体主義と呼んだ。

●Libertarianism@Japan
http://kyuuri.blogtribe.org/

テーマ: 思うのは私だけ?

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 11:04:03 «Edit»
2006
11/11
Sat

Category:読書〔社会科学〕

日本経済新聞は信用できるか 


投資だとか投機だとかやるなら、
やっぱり日経新聞を読むことは重要だと思う。記事と現実とにズレがあったとしても、だ。
なぜなら、日経新聞を判断材料に使っている投資家が沢山いるはずだから。そのことで結果的にマーケットは動く。

日経などのマスメディアに触れる上で、
次の二つの能力を強化したいと思っている。。
●記事内容の裏を読み解き、実際とのズレを修正する。
●その記事が読者をどう行動させるかを想像する。


本書は、前者に関し参考になる。
日本経済新聞は信用できるか
日本経済新聞は信用できるか東谷 暁

おすすめ平均
stars次は読者と他紙の問題かも知れません
stars相変わらず丁寧な仕事だ
stars日経新聞の検証・批判本
stars日本経済新聞が何を報じ、論じてきたかを克明に分析している
stars自己検証に期待

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 外圧は日本に利益をもたらすと信じ込ませろ、「ITは短期間に生産性を上げる」の虚妄、グローバルスタンダードのインチキ、「日本は遅れている」論など、さまざまな具体例を挙げて“アメリカ追従の枠組み”で語られるさまを次々暴く。最近までの中国経済への熱狂ぶりについての話もあった。
 最後に日経新聞の「正しい」読み方を提案する。事実であるようにみえる「観測記事」も特徴だという。単なる日経新聞叩きでなく、その批判的活用を目指しているものと思われる点でいい感じ。

テーマ: それでいいのか日本国民

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 15:08:39 «Edit»
2006
07/09
Sun

Category:読書〔社会科学〕

満足の文化 


最近お亡くなりになったガルブレイスさん。
そのニュースで彼の存在を知り、何冊か本読んでみた。
そのうちの一冊がこれ。はっとさせられる視点がある。
満足の文化
4102115110J・K・ガルブレイス

新潮社 1998-04
売り上げランキング : 599876

おすすめ平均star
star満足の文化のもとで何が起こるか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ: 政治

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 13:21:09 «Edit»
2006
06/11
Sun

Category:読書〔社会科学〕

めちゃくちゃわかるよ!法律 


法律のことまったくわからない私にぴったり。
法律を勉強しようとする最初の取っ掛りにはいい。

めちゃくちゃわかるよ!法律―こんな入門書は見たことない!
4478100136反町 勝夫

ダイヤモンド社 2002-10
売り上げランキング : 96220

おすすめ平均star
starめちゃくちゃわかった!かも
starわかりやすい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ: 図書館で借りた本

ジャンル: 本・雑誌

tb: --     com: --
Posted on 14:28:36 «Edit»
2006
05/28
Sun

Category:読書〔社会科学〕

人間を幸福にしない日本というシステム 


人間を幸福にしない日本というシステム
人間を幸福にしない日本というシステムカレル ヴァン・ウォルフレン Karel van Wolferen 鈴木 主税

新潮社 2000-10
売り上げランキング : 62439

おすすめ平均 star
star「アカウンタビリティ」の流行を生んだ本です
starきっとあなたも気づいているはず。
star日本をしらない日本人は盲人の如し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1994年の本。Amazonのレビューで〈「アカウンタビリティ」の流行を生んだ本です〉〈元祖「役人批判本」〉って言ってる人がいた。おそらく当時、相当話題になったのだろう。“先鋭”を気取って官僚批判の役回りを演じるTVパネラーのお決まりの語り口が、より濃ぃ形で散見できる。彼らのネタ本の一つなのだろう。
ちょっと私には話が長く感じて、途中から読み飛ばした。語り口が「最近TVでよく聞くあれね」って感じもしたし。でも大事なこと言ってると思った。↓この意識を常に持っていたい。

知識人は「官僚制度」という言葉を聞いてあまりいい印象を抱かないのが普通であり、その理由も理解できる。しかし、だからといって、官僚制度に敵愾心をもつのは賢明ではない。嫌ってしまうと、相手を理解できなくなるだろう。そして、強力な相手を理解できなければ、相手にだし抜かれる恐れがある。官僚に社会を支配する権力を与えすぎてはならない。だからこそ、官僚の実態に関心をもつべきなのだ。官僚を愛する必要はないが、彼らが自分自身をどのように見ているか、何を自分たちの任務と考え、何を問題視しているかは理解すべきである。

テーマ: 政策

ジャンル: 政治・経済

tb: --     com: --
Posted on 10:59:23 «Edit»
2006
05/21
Sun

Category:読書〔社会科学〕

教科書が教えられない政治学――政治でわかる日本のカラクリ 


教科書が教えられない政治学――政治でわかる日本のカラクリ
4426110076土屋 彰久

自由國民社 2003-12
売り上げランキング : 7,794

おすすめ平均star
star平易かつ辛辣、しかし読後感が悪い
star強力に推薦します
star今まで政治に無知だった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

政治に興味のなかった私が、一念発起して読み始めた。
テレビや新聞で問題になっていることの意味がわかりかけた。

テーマ: 読書メモ

ジャンル: 本・雑誌

tb: --     com: --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。